コラム

column

配管工事で用いられる配管はどのように活躍しているの?

こんにちは!愛知県春日井市を拠点に、愛知県内全域をはじめ、岐阜県、長野県、三重県、静岡県などで溶接工事や設備工事、配管工事を行う山田管工事有限会社です。
頂いた仕事を一つ一つ丁寧にこなすことで、多くのご信頼をいただいております。
配管工事で用いられる配管はさまざまな場面で活躍し、今や私たちの生活にはなくてはならない存在です。
今回は、そのような配管資材の活躍についてご紹介いたします。

配管の重要性


配管とは、多岐にわたる目的で配置するパイプのネットワークによって構成される設備のことであり、インフラ・建築・工場などさまざまな分野の設備やシステムを支えるものなのです。
私たちが暮らすうえで、欠かすことのできない水の給排水を行う上下水道やビル・大型施設で用いられる冷暖房の空調設備のダクトなど、私たちの生活に密接に関わり合っています。
一般的には、生活に欠かせない水や空気などの流体が流れるための導線となりますが、工業分野では、人の手で触れることができないような高圧の液体を運ぶ導線になることもあれば、作業困難な環境下で使用されることもあります。

配管の種類

配管の種類には、目的に応じて材質・加工方法が違うことから多種多様な種類が存在することをご存じでしょうか?
配管を構成する材質にも、もっとも多く用いられる炭素鋼から私の身近であるプラスチックまでいろいろな種類があります。
また、上下水道などに使われる流体を流して輸送するための輸送用配管もあれば、ボイラに使用される高温の流体から低温の流体へ熱を移動させるための熱伝達用配管もあります。
ほかにも、電線やケーブルを保護するための電気配管など、多種多様な種類が存在するのです。

配管が利用されている場所

重要な社会インフラとして活躍する配管は、人の生活を支える柱となっています。
例えば、学校です。
学校では冷暖房を使用する際の空調設備、また洗面台で活躍する給水・排水設備、洗面所にも利用される衛生設備などにおいて配管が利用されています。
更に、空調設備が必要不可欠な工場、衛生設備が重要となる病院、多くの人が利用する大型施設、ショッピングモールなど、多くの場面で配管が重宝されているのです。

【求人】山田管工事では新規スタッフを募集中!


山田管工事有限会社では、業績好調により共に働く仲間を募集中です。
弊社は人材育成に力を入れており、資格支援制度や福利厚生を整えている点が強みです。
プロの配管工として共に成長しませんか?
皆様からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。