コラム

column

教えて!溶接工事の安全対策

こんにちは!愛知県春日井市に拠点を構え、溶接工事や設備工事など幅広い施工のご依頼を承っている山田管工事有限会社です。
溶接工事で何よりも重要だといえるのが、従業員の安全対策です。
溶接工事は非常に危険性を伴う工事のため、会社は従業員の安全を守らなければなりません。
そのため、多くの業者が安全対策に力を入れています。
これから溶接工事業界に飛び込もうとお考えの方にとって、安全対策は興味深いテーマではないでしょうか。
そこで今回は、溶接工事の安全対策をご紹介いたします。

溶接工事の安全対策


溶接工事で発生する災害は、熱や光、飛散物、ヒューム、ガスなどによるものです。
アーク溶接では高圧の電源を用いて溶接を行うため、溶接時にアーク光と呼ばれる赤外線や紫外線が含まれる光を発します。
このアーク光を防ぐために、フィルターが取り付けられた保護面で顔全体を守ります。
ヒュームとは、溶接で生じる細かい粒子のことです。
このヒュームから体を守るため、防じんマスクの着用が義務づけや換気を徹底し、ヒュームの吸入を防がなければならないのです。

安全対策を怠るとどうなる?

安全対策を怠ってしまうと、重大な現場事故につながってしまいます。
現場事故が起きると、会社は安全責任を問われ、大きな損害が生じることもあります。
そのため、多くの会社が安全対策を徹底しているのです。
しかし、安全対策を徹底していても従業員の意識が低ければ、健康被害が生じてしまいます。
例えば、アーク光やヒュームなどによる健康被害です。
アーク光を長時間みていると、目に炎症が生じ、障害につながってしまうこともあります。
ヒュームを吸引し続け、肺に溜まってしまうと中毒症状を起こし、じん肺と呼ばれる状態になってしまいます。
このような健康被害が生じることもあるため、安全対策への高い意識を従業員にも求められるのです。
また、作業で発生するガスにも気をつける必要があります。
ガスが溜まった状態で火気を使用すると現場事故につながります。
そのため、定期的に換気を徹底し、火気を使用する従業員は火災につながらないか確認しなければならないのです。

【求人】山田管工事では新規スタッフを募集中!


愛知県春日井市に拠点を構える弊社では、ただいま配管工の新規スタッフを募集中です。
経験・年齢を問わず、熱意のある方なら大歓迎です!
未経験の方には先輩スタッフがお仕事を丁寧にお教えしますのでご安心ください。
経験者の方はこれまでの経験を生かし、現場の中心で働いていただきます。
弊社の求人にご興味をお持ち頂けましたら、お気軽にご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。