コラム

column

就職前にチェック!給排水設備工事をするタイミングはいつ?

こんにちは!愛知県春日井市を拠点に、給排水設備工事に従事しております山田管工事有限会社です。
給排水設備工事に携わるのであれば、工事を行うタイミングについて知っておくと役立ちます。
そこで今回は、給排水設備工事を行うタイミングについて解説いたします。
給排水設備工事にご興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

水の色が赤っぽい


給排水設備工事は、水の色が赤っぽくなったときがタイミングです。
蛇口をひねってみて、水の色が普段と異なるようであれば注意が必要です。
水の色が赤っぽくなったときには、サビやマンガン鉄バクテリアなどが混入していることを示しています。
サビなどは、給水管の中が酸化や腐食してしまっていることが主な原因なのです。
例えば、久しぶりに水栓を開いてみたら、流れてきた水が赤かったなら軽度です。
重度の場合は、いつも赤い水が出ることや水にサビの微粒子が混じることが考えられます。

水の色が青っぽい

水の色が青っぽいときにも給排水設備工事のタイミングとなります。
青っぽい水が出る場合には、水道水内の塩素の影響で給湯器などの銅管より銅が溶け出してしまっていると考えられます。
水が青くなっているかどうかは、水が流れた状態で確認することは簡単ではありません。
水に浸けたタオルに青い色がついた場合やタイルの目地が青い場合には、水が青くなっている可能性があります。

水が流れない

水が流れない場合にも、給排水設備工事が必要であるサインです。
排水が流れないとしたら、排水管が壊れてしまっていることが考えられます。
そして流れないことに加えて、異音がすることや屋外にある排水ますから水が漏れている可能性もあります。
この場合には、破損のレベルが高くなっていると見られるため、迅速に修復しなければいけないでしょう。

【求人】山田管工事では新規スタッフを募集中!


山田管工事有限会社では、一緒に配管工として働いていただける方を募集しております。
弊社では経験を不問としており、未経験の方もご応募可能です。
弊社は、資格取得支援制度を設けているため、業務を行いながらでも仕事に役立つ資格の取得を目指せます。
取得に必要な費用は、弊社が全額負担しますのでご安心ください。
溶接や設備工事でスキルアップしたい方は、ぜひ弊社にご応募いただければ幸いです。
意欲のある方からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。